Copyright©2018 Azucar Asset Management, Inc. All Rights Reserved.

Please reload

アズカルアセットマネージメント株式会社(以下、当社といいます。)は、投資一任契約資産における議決権行使に関する運用の詳細を定め、当社が受託者責任を果たすため、議決権等の適正かつ円滑な行使指図の遂行を図ることを目的とします。

 

【議決権行使指図の基本方針】

  • 議決権等行使指図は、受益者及び顧客の利益の向上を図るためにのみ行い、当社または受益者及び顧客以外の第三者の利益を図る目的で指図を行わないこととします。

  • 議決権等行使の基準日以降、株式を全て売却した場合においても、その議決権について行使の指図に努めるものとします。

  • 外国の有価証券の議決権等の行使指図を行う場合については、当該国の実情に応じた取扱いを行うものとします。

 

【議決権の行使指図に係る意思決定プロセス及び体制】

   議決権行使の判断基準として、「議決権行使ガイドライン」を設けるとともにガイドラインに従って、ファンドマネージャー

   が個々の議案を検討のうえ指図内容を決定します。
   「議決権行使ガイドライン」に照らし、問題となる議案があった場合、投資委員会に諮り決定します。